30代を過ぎたころから気になりだすのが、首元の小さなポツポツとした塊です。

爪で取ってしまえそうな気がしますが、取ろうと思ってもなかなか取れなくて、気になっている方も多いと思います。

この小さなポツポツは、お肌の老化によって作られる首イボ。

適切なスキンケアで除去することが可能ですが、お肌に優しく保湿ができる「ベビーオイル」で取ることはできるのでしょうか?

このページでは、ベビーオイルの首イボへの効果についてご紹介していきましょう。

ベビーオイルの特徴や成分について

ベビーオイルは赤ちゃんの保湿用に誕生したスキンケア商品ですが、一体どんな成分が入っていて、どのような特徴があるのでしょうか?

まずは、ベビーオイルの基本的な性能について見てみたいと思います。

ベビーオイルとは

ベビーオイルは、保湿成分としてミネラルオイルや植物油を使っている、低刺激性の保湿アイテムです。

ミネラルオイルは不純物を除去した石油から作られるもので、植物油はホホバオイルやシアバター、オリーブオイルなど、メーカーによって採用しているものは異なります。

赤ちゃんのお肌につけるものなので、刺激が少なく、香料や着色料は使われていません。

また、アレルギーなどのチェックもされているので、敏感肌の方でも安心して使える場合が多いでしょう。

スキンケア以外の用途にも使える?

ベビーオイルは、スキンケア以外の用途にも使えると言われています。

  • 洗顔料に混ぜて保湿剤として使う
  • クレンジングオイルにも使える
  • マッサージをするときのマッサージオイルとして
  • ヘッドマッサージにも使える
  • 妊娠線を予防するときの保湿剤として
  • 手やかかと、唇など、全身の保湿に使える
  • お湯に入れて保湿効果のある入浴剤に
  • 割れたパウダー系化粧品を固めるためのオイルに
  • ヘアートリートメントとして
  • 水仕事前につければ水をはじいて手荒れ予防に

調べてみると、こんなにたくさんの使い道があることが分かりました。

全身の保湿にも使えますし、こんなに色々なことに使えるオイルなのですから、一家に一本常備しておけば、様々なシーンで活躍しそうですね。

ベビーオイルには他にどんな成分が入っているの?

ベビーオイルの成分については、各メーカーで様々ですが、多くの成分が入っている商品は少ないようです。

例えば、ベビーオイルで有名なメーカーを例として成分を紹介すると、「ミネラルオイル+酢酸トコフェロール」の2つだけという、非常にシンプルな配合となっています。

余分な成分を極力配合しないことで、お肌に余分な刺激を与えないのがベビーオイルです。

ベビーオイルはどんな効果がある?

効果については保湿が主ですが、お肌に潤いを与えるような働きはないでしょう。

上でお話しした有名メーカーの成分を例にして、効果を見てみたいと思います。

ミネラルオイル

ミネラルオイルは、不純物を除去した石油から作られたオイルで、お肌に浸透しにくいという特徴があります。

有名なところでは、「ワセリン」にもミネラルオイルが含まれていて、お肌の潤いが逃げないように蓋をする役割を果たすものです。

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールはビタミンEの誘導体のことで、商品の安定剤としても使われる成分です。

ビタミンEには抗酸化作用があり、お肌の細胞を活性酸素から守ってくれる働きがあります。

また、毛細血管を拡張させるため、血流を改善して肌代謝を促進してくれます。

トータルで見ると「肌の保護」効果が優れている

ベビーオイルの成分から効果を見てみると、お肌を保護する働きに優れていると言えます。

酢酸トコフェロールによって肌代謝を促進させ、お肌の細胞を守り、ミネラルオイルによって肌内部の水分を閉じ込める。

ベビーオイルのお肌への主な働きは、このようになると考えられます。

首イボ除去には効果が期待できない

ベビーオイルは用途が多くて優れたアイテムですが、成分や効果を見てみると、首イボへの効果は期待できないでしょう。

首イボには2種類が存在していて、お肌の老化による「老人性イボ」か、ウイルス感染による「ウイルス性のイボ」か、そのどちらかになります。

ですが、ベビーオイルはお肌の保護をするだけのオイルなので、どちらのイボにも効果はありません。

老人性のイボにはターンオーバー促進効果が必要

お肌の老化による老人性イボは、肌のターンオーバーが低下して、皮膚の上で角質が固まることが原因です。

そのため、老人性の首イボを除去するためには、ターンオーバーを促進させる効果が必要。

酢酸トコフェロールにもターンオーバー促進効果は含まれていますが、酢酸トコフェロールだけの力では少々不安が残ります。

ですが、老人性の首イボは乾燥肌で起こりやすいので、ベビーオイルでしっかりと保湿をしてあげれば、首イボ予防に繋げることは出来るかもしれません。

老人性イボの原因について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ウイルス性のイボには殺菌効果が必要

ウイルス性のイボは、「ヒトパピローマウイルス」というウイルスが、小さな傷口から感染することが原因です。

健康な人であれば感染してもイボはできませんが、抵抗力が弱っている場合は、皮膚の上にイボを作り出します。

ウイルス性のイボはウイルスの感染が原因なので、改善するためには殺菌効果が必要です。

ベビーオイルには殺菌効果はありませんので、ウイルス性のイボを除去することはできません。

ただ、乾燥によるひびきれ、あかぎれなどからウイルスが入り込むこともあるので、それらを予防する目的で使えば、ウイルス性のイボを予防するために使えるでしょう。

ウイルス性のイボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

イボを予防するための保湿に使える?みんなの口コミ評価は?

ベビーオイルで首イボの改善は難しいですが、肌の保湿をするという点を見れば、予防には使えるかもしれません。

ただし、オイルと言っても赤ちゃん用なので、どのくらいしっかり保湿してくれるのか不安な方もいると思います。

そこで、実際に愛用している方の口コミを調べてみました。

皆さん、色々な使い方をされているようで、様々なポイントからの評価を見ることができます。

ベビーオイルを愛用している方からの口コミ

美容室で「濡れ髪セットに使える」と聞いて購入したのですが、結局ボディーケア用に使っています。適度な量を手に取って、ニベアクリームと混ぜてみたところ、マッサージクリームにちょうど良いテクスチャーになりますよ!マッサージした後はお肌がもちもちになるので、毎日のボディーケア用に欠かせません!
お風呂場に常に置いてあるオイルです。お風呂に入った後は、お肌が濡れた状態でそのまま全身にオイルを塗ります。お値段も安く、塗った後はべたつきがないので、たっぷりと使えます。変な香りもありませんし、髪や顔など全身の保湿に使えるので優れものです。
オイルなのにベタベタしないのがいいですね!洗顔料に混ぜると良いと聞いて実践しましたが、洗顔後のツッパリ感がなくなって良いかんじです。コンディショナーに混ぜると、髪も洗い上がりがしっとりとするので、色々なものに混ぜて使っています。

全身に使える万能オイル!でも肌質にあわない場合も…

愛用している方からの口コミを見てみると、全身どころか髪にも洗顔にも使えて、かなり万能なオイルだということが分かります。

ひどい乾燥肌の方からの口コミも多く、保湿力にも申し分はなさそうです。

ただし、「肌に合わない」という口コミも少数見られました。

「肌に小さな赤い斑点のようなものができた」という方もいたので、赤ちゃん用でも絶対に安心という訳ではない様です。

肌質に合う、合わないがあるのは、どのスキンケア用品にも言えることですが、首という敏感なところに塗るときには気を付けてください。

首イボ予防には首イボ除去効果も期待できる専用クリームがある!

ベビーオイルは低刺激のオイルですが、お肌に合わない方もいるようで、皮膚が薄い部分には使えない場合もあるかもしれません。

首という皮膚が敏感な部分のスキンケアをするのであれば、やはり首元専用の首イボケアクリームなどが適しています。

首イボ専用クリームというのは、皮膚が薄くて柔らかい首元でも問題なく使えるよう、安全性の高い処方で作られたクリームです。

首イボ用のケアクリームにはどんな効果があるの?

これらのクリームには、次のような効果が期待できます。

  • 肌の代謝を促進させて首イボを改善させる
  • 高い保湿力で肌のバリア機能を強化する
  • 肌質を改善して首イボができにくいお肌を実現
  • 美容成分によって若々しいお肌を保つ

首イボケアを専門にしているクリームなので、首イボができる原因を根本的に取り除いてくれる効果が嬉しいですね。

ベビーオイルはあくまでも肌の保湿のみを目的としたものですが、首イボ専用クリームは効果の現れ方が違います。

毎日のスキンケアによって首イボを改善していきたい方には、専用クリームを使うのがおすすめですよ!

首イボケアには保湿とターンオーバーの改善がカギ!

ベビーオイルの効果や特徴について見てきてわかったことは、高い保湿効果を誇るものの、首イボ改善には効果がないということです。

やはり保湿だけではなく、お肌のターンオーバーを改善するための効果を持ち合わせていなければ、首イボの改善は難しいでしょう。

その点、首イボ専用のクリームであれば、高い保湿力とターンオーバー改善効果を兼ね備えているので、首イボの改善と予防の両方に最適です。

皮膚が弱い部分につけることを前提としているので、安全性の高い成分が配合されているところも魅力的。

自宅で首イボケアを始めたい方には、ベビーオイルよりも専用クリームを試してみることをおすすめします。