首やデコルテに広がる小さな首イボ。

指先でちょっと引っ張れば、簡単にちぎることができてしまいそうな気がしませんか?

ですが、首イボをちぎるというのは、イボを除去する方法としては正しいのでしょうか。

イボを自分で除去する方法と、その注意点、そして安全なケア方法について、詳しくご紹介していきますね。

そもそも首イボの正体とは?

首イボの原因はいくつかありますが、ほとんどがお肌の老化が原因で、「老人性イボ」と呼ばれています。

首イボの他の種類について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

老人性イボはターンオーバーの衰えによって発生

老人性イボは老化によってお肌のターンオーバーが衰え、お肌の上に角質が残ることが直接的な原因です。

肌のターンオーバーが衰えると角質や皮脂などが剥がれにくくなり、お肌の上に蓄積され、それがイボとして現れてきます。

首イボの原因について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

首にイボができやすい理由とは?

そして、お肌の老化だけではなく、摩擦による刺激もイボができる原因となりますが、首は特にネックレスや洋服などで摩擦を受けやすい部分ですよね。

そのため、首にはイボができやすく、首イボは年齢を重ねることによって誰にでもできるものなのです。

首イボを除去する方法としては病院での治療が挙げられますが、ちぎること以外でも、自宅でのケアによっても除去できる可能性があります。

首イボはちぎって除去しても大丈夫?

首イボの悩みを抱えている方は非常に多いですが、指でつまんで引っ張ればちぎることができそうなものもあると思います。

確かにちぎることで除去できれば、除去する方法としては一番簡単ですよね。

ですが、イボをちぎる除去方法には3つの大きなリスクが潜んでいるので、絶対にしないでください。

リスク1:痛みや出血を伴う

イボは小さくても皮膚と繋がっていますし、イボも皮膚です。

首イボをちぎるということは、皮膚の一部をちぎり取ることと同じですから、当然痛みや出血が伴います。

特に首の皮膚は薄くて柔らかいので、激しい痛みが伴う可能性もあります。

そして首には血管が密集しているため、場所によっては思わぬ出血量になるリスクも。

ちぎると間違いなく傷口になるので、細菌の感染によって化膿してしまうこともあるのです。

リスク2:ウイルス性のイボでは感染が広がる

老人性の首イボなら良いのですが、もしそのイボの原因がウイルスの感染なのであれば、ちぎることによってウイルスがばら撒かれてしまう恐れがあります。

感染性のイボはヒトパピローマウイルスに感染することによって、お肌の表面にイボとして現れるもの。

ウイルスがばら撒かれてしまうと、他の部位にもイボができたり、更にイボの数が増えてしまったりする場合もあります。

リスク3:傷痕が残ってしまう可能性も

首イボをちぎった後には傷口が出来ますが、その傷痕が綺麗に治らないことも考えられます。

上でもお話ししたように、首の皮膚は柔らかくてデリケートなので、傷痕が完全に消えない可能性は高くなります。

場合によってはイボよりも傷痕が目立ってしまうことも考えられますよね。

 

この様にイボをちぎる除去方法には様々なリスクがありますので、除去する方法としてはとても危険性が高いので絶対に止めてくださいね。

首イボの正しい除去方法について

自分でイボを除去したい場合、どんな方法であれば綺麗に取り除くことができるのでしょうか。

最も綺麗に除去する方法、それは首イボ専用のクリームを使って取り除く方法です。

首イボ専用のクリームってどんなもの?

首イボ専用のクリームとは、イボを除去する目的で作られたクリームで、次の3つの効果に秀でています。

  • 角質をケアして剥がれやすくする
  • 高い保湿効果
  • お肌のターンオーバーを正常化する

これらのクリームは、保湿効果によってお肌を柔らかくして、有効成分によってターンオーバーの促進によって角質が剥がれやすい状態にします。

老化による首イボはターンオーバーが乱れることでできるので、その根本的な原因を取り除いてくれるので、除去する方法としても理想的ですし、予防法としても有効です。

首イボ専用クリームの使い方は?

イボを除去するための効果を高めるには、クリームを使ってマッサージするのがおすすめですよ。

マッサージによってお肌の血行が促進されますし、クリームの有効成分もしっかりと浸透するようになります。

角質を除去する効果があるので、クリームを使ってマッサージをすると、角質や老廃物が取れるのが実感できると思います。

イボをちぎってもお肌の状態が変わらなければ、またイボは再発してしまいます。

クリームで肌質自体を改善していけば、イボができにくい若々しいお肌を手に入れることができるでしょう。

首イボをちぎるのはとても危険な行為

首イボを除去する方法として、ちぎるというのは最も危険な方法だと言えます。

無理やり除去する方法はイボを悪化させる可能性もあるので、美しいお肌のためには避けるべきです。

その点、首イボ専用のクリームは、イボの除去と美肌効果、両方の効果を期待することができます。

イボは小さいうちにケアした方が取れやすいので、首元やデコルテのざらざらが気になるようでしたら、早めにケアを始めてくださいね。