首イボは洋服で隠れない場所にできることが多く、とても目立ちますし、鏡で見るたびに憂鬱な気持ちになってしまうものです。

そこで、ハサミを使えば除去できるのでは…?と考えたことがある方もいると思います。

ですが、自分でハサミを使って首イボを除去する方法はとても危険な行為なので、病院で医療用ハサミを使って除去するのとは訳が違います。

そこで、ハサミでの除去が危険だと言われる理由と、病院で切除する方法についてご紹介していきます。

首イボはどうしてできるの?

首イボができる理由は様々ですが、一番の原因は摩擦だと言われています。

首の周辺はとても皮膚が薄く、洋服やネックレスによって摩擦が起きやすい部位なので、どうしてもイボができてしまいやすいものです。

さらに、首は紫外線にさらされやすい場所でもあるため、紫外線による刺激で悪化することも多いと考えられます。

お肌の老化もイボの原因になる!

また、30代以降には首イボができやすくなると言われますが、それは肌の老化によってもイボができるためです。

30代以降はホルモンの働きが減少して、お肌のターンオーバーも衰えてくるため、首やデコルテ、顔などにイボができやすくなります。

首イボを予防するためには、皮膚が薄い部分への摩擦を避けることも大切ですが、紫外線をなるべく避けること、お肌のスキンケアを入念に行うことも重要です。

首イボができる原因についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ハサミでの除去には大きなリスクが

病院に行くと、首イボを除去する方法として医療用ハサミでの除去があるため、自宅でもハサミを使って簡単に除去できると思っている方もいるようです。

ですが、自分でハサミを使って除去してしまうと、必ず出血と痛みが伴います。

その上、除去した部分が綺麗になることは少なく、傷跡が残ってしまう可能性はとても高いでしょう。

傷跡の治療はイボの治療費よりも高額に

傷跡が残って色素沈着が起きれば、首イボよりも目立ってしまう場合もあるので、後々のことを考えても絶対に止めた方が良い方法です。

もし目立つ傷跡が残って、その傷跡を治療するとすれば、首イボを病院で除去する方法よりも医療費がかかってしまう可能性もあります。

イボを切ることは皮膚を切ること

確かに、小さい首イボなら簡単に除去できてしまいそうに感じますし、摘んで引っ張ればそのまま取れてしまいそうな気がします。

ですが、イボは皮膚と脂肪によってできている体の一部なので、首の皮膚をハサミで切ることと同じです。

特に首の周辺はリンパ管や血管が集中している大切な場所なので、出血や痛みも強くなる傾向があり、ハサミで除去する方法には大きなリスクが伴います。

ウイルス性イボのハサミでの除去も危険

どんな首イボでもハサミで除去する方法は危険ですが、もしウイルス性のイボであった場合、感染のリスクもあります。

ウイルス性のイボをハサミで切ると?

ウイルス性のイボは、目に見えない小さな傷口から、ヒトパピローマウイルスが入り込んでできたイボです。

その首イボをハサミで除去してしまった場合、イボの中に潜んでいたウイルスが他の場所に入り込み、更にイボが増える可能性もあります。

さらに、自身に感染するだけではなく、家族や周囲の人にもうつしてしまうことがあるのです。

ウイルス性のイボは顔にできやすい種類のものもあるので、もしこの種類のイボが顔にできてしまえば、首に出来ているときよりも目立つようになってしまいます。

ウイルス性のイボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

イボは増えやすいので注意

ウイルス性のイボでも、老化によるイボでも、イボは首やワキ、デコルテなどの皮膚が柔らかい部分にできやすいという特徴があります。

そして、一度イボができてしまうと少しずつ数が増えていったり、サイズが大きくなったりして、気付いたときには大量に発生していた…という事態にもなりかねません。

特に首やデコルテは洋服を着ていても見えることがあり、どんどん増えると気になりますよね。

イボは大きさが大きくなり、数が増えるほど治療が難しくなり、かなり成長した場合には手術で除去しなければならなくなります。

傷跡を残さずに首イボを治療するには、早めに対処することが大切です。

病院のハサミでの除去は安全

首イボがまだ小さいうちは、皮膚科に行けば医療用ハサミで除去してもらうことができます。

自宅でハサミを使って除去する方法は危険ですが、医療機関に行ってハサミで除去してもらうのは、安全で簡単な治療法です。

イボが気になるというときには、皮膚科に行って治療を受けるのが一番でしょう。

病院になかなか行けない…そんな人は?

皮膚科に行けば適切な治療が受けられる首イボですが、どうしても病院に行く時間がない、病院でイボを見せるのが恥ずかしい、などの事情がある方もいると思います。

そういう場合、イボを除去する方法としては自宅でのケアが最適ですが、おすすめは首イボ専用のクリームなどです。

首のイボを取るクリームは、肌のターンオーバーを促進させ、角質ケアを行うことによって、首イボを改善する効果が期待できます。

まだ小さいイボならクリームで簡単に除去できることも多いので、まずはこのようなクリームを試してみてはいかがでしょうか。

ハサミでの首イボ除去は危険!

首イボを自分で除去する方法として、ハサミを使う方法はとても危険です。

傷跡が残ってしまうことは十分考えられますし、傷口から細菌が入って化膿したり、炎症を起こしたりする可能性もあります。

そのようなリスクを負うくらいなら、イボ用のクリームを使って改善に導いた方が、安全で綺麗に除去できることは間違いありません。

毎日クリームを首に塗るだけなので、除去する方法としても簡単です。

自宅でのケアを考えている方は、まずはここから始めてみることをおすすめします。