ぽつっとできた首イボ。小さいものならば、「自分で取れるかな?」と思ってしまうこともありますよね。

例えば爪切りで切ってしまえば、簡単に取ることができそうな気がします。

ですが、首イボを除去する方法として爪切りはとても危険で、除去することによって様々なリスクを負う可能性があります。

自分で除去しようと思ったら、爪切りで無理に切ってしまうのではなく、スキンケアで解消することが一番です。

そもそも首イボってなに?

イボは首やデコルテに発生することが多いですが、そもそも首イボができる原因や、その正体は何なのでしょうか?

除去する方法を知るためには、原因を知っておいた方が良いでしょう。

その正体は、老化によってお肌のターンオーバーが乱れ、角質が硬くなって肌表面に残ったものです。

首イボの正体に関して詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ターンオーバーについて

お肌のターンオーバーは、通常であれば28日間の周期を保っていて、古くなった角質は剥がれ落ちていきます。

ですが、年齢を重ねることや、女性ホルモンが乱れることによって、お肌のターンオーバーにかかる日数は増え、肌表面の角質は除去されにくくなります。

すると、その角質はイボとなって肌表面に残ってしまうのです。

年齢を重ねるとともにターンオーバーの周期は長くなっていき、なんと40日以上の周期になってしまうこともあると言われています。

摩擦や紫外線も原因のひとつ

老化したお肌に摩擦や紫外線が加わることで、さらにイボができやすい状態になることをご存知でしょうか。

紫外線がお肌にあたると、お肌は自身を守ろうとしてメラニン色素を作り出します。

作り出されたメラニン色素は、通常であればターンオーバーによって排出されますが、ターンオーバー周期が乱れるとメラニンは排出しきれずに角質と一緒に残ります。

そして、摩擦はお肌を直接的に刺激することで、皮膚を硬くして角質化させるので、イボができる大きな原因のひとつ。

これらの原因が重なり合って、首イボが作られるのです。

皮膚が柔らかくて日常的に紫外線にさらされている首やデコルテは、体の中でもイボができやすい場所だと言えます。

首イボの原因に関して詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

首イボを爪切りで除去するのは危険?

小さい首イボなら簡単に除去する方法として爪切りが思い浮かびますが、爪切りで除去すると一体どうなるのでしょうか?

爪切りで切ると傷痕になることも

爪切りなどで首イボを切ってしまうと、強い痛みがありますし、出血もあります。

皮膚を切り取ることになるので、傷口からは雑菌が入り込み、ひどく化膿してしまったり、なかなか傷が治らなかったりする場合もあるので大変危険です。

傷口が炎症を起こすと、傷痕として残ることも多いので、場合によっては首イボよりも目立ってしまう可能性も。

そのため、除去する方法としては、病院に行って除去してもらうのが一番安全。

病院では医療用のハサミや炭酸ガスレーザー、液体窒素などで除去してもらうことができますよ。

ウイルスが原因であれば感染のリスクが

そして、老化ではなくウイルスが原因の首イボもあり、その場合は爪切りで除去することによって、他の部分にまで広がってしまうリスクもあります。

この場合、ヒトパピローマウイルスというウイルスが、小さな傷口から感染してしまって、お肌の表面にイボとして現れます。

老化が原因なのかウイルスが原因なのか、見ただけでは判別することが難しいので、小さいイボでも切り取ってしまうことはとても危険。

もしウイルスが原因のものであれば、中に入っていたウイルスがばらまかれることになって、さらにイボが増えてしまう可能性もあるのです。

首イボの改善&予防に効果的なクリームって?

首イボはお肌の老化が原因でできるので、イボに効果的なクリームやジェルを使って角質ケアをすれば、改善や予防の効果が期待できます。

首イボを除去するためのアイテムは、お肌のターンオーバーを正常に整え、肌表面の角質を剥がれやすい状態にしてくれます。

首イボ用のクリームやジェルは予防にも効果的!

最初にお話ししたように、お肌への摩擦や紫外線もイボができる原因のひとつ。

そのため、首イボを予防するためには、お肌への摩擦を減らしてあげることや、首元を紫外線から守ることが大切です。

イボを予防するクリームやジェルでお肌を滑らかにしてあげれば、洋服やネックレスでの摩擦も減るので、首イボの予防にもなりますね。

クリームやジェルは改善効果だけではなく、これからできるイボを予防することもできるので一石二鳥。

イボを爪切りなどで除去することは、首に傷痕を残すことにもなりかねません。

リスクを負って無理やり爪切りで除去するよりも、効果的なクリームやジェルで優しく除去する方法がおすすめですよ。

首イボを除去する方法まとめ

イボができてしまう一番の原因は、お肌の老化によるターンオーバーの乱れです。

顔のお肌をスキンケアで美しく保つように、首やデコルテもスキンケアをすれば若々しい状態を保つことができます。

首イボがあると、どうしても実年齢よりも老けて見られてしまいがち。

年齢を感じさせないお肌を実現させるためには、顔だけではなく、首元のお手入れも大切ですね。