「妊娠したら急に首イボが増えた!」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

確かに妊娠中には首イボができやすいと言われており、妊娠しているという時期のせいで、治療が躊躇われることも多いもの。

そこでこのページでは、妊娠中に首イボができる原因と、できてしまったときの対処法について、詳しくご紹介していきます。

妊娠中に首イボができやすい理由とは?

どうして妊娠すると首イボができやすくのだろう、と不思議ですよね?

妊娠中には女性の体の中に様々な変化がありますが、その編かによって首イボが出来やすくなります。

妊娠中にイボができやすくなる理由として、代表的な理由を2つご紹介しましょう。

女性ホルモンのバランスが変化するため

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変わり、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンが増加するため、体の様子がこれまでとは違ったものになります。

シミやニキビ、肌の乾燥など、これまでにない肌トラブルを経験する方も多いでしょうが、これもホルモンバランスの影響です。

首イボは、ホルモンバランスの変化によって現れる症状のひとつだと考えられています。

首イボは摩擦や紫外線などの刺激によってできることもありますが、妊娠中は肌が弱くなる方も多く、このことも原因なのではないでしょうか。

ホルモンバランスが変化するどうしてイボができるの?

そもそも、イボというのは老化したお肌にできやすいものです。

皮膚の上に古くなった角質が残り、それが固くなってイボになるため、根本的な原因はお肌の代謝が衰えること。

女性ホルモンは女性のお肌のキメを整え、皮脂量を分泌し、美しく保つための役割も担っています。

妊娠すると2種類の女性ホルモンのバランスが変化するため、お肌の調子が悪くなったり、首イボが出来やすい肌質になったりするのです。

首イボの原因について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

体の抵抗力や免疫力が低下するため

お腹の中にいる胎児は、お母さんの体にとっては「異物」なので、誤って攻撃してしまわないように、妊娠している女性は体の抵抗力が下がります。

そのため、病気などにかかりやすくなることが多く、ウイルス性のイボに感染することもあるのです。

妊娠中の女性はホルモンバランスの変化と共に、ウイルス性のイボに感染することもあり、「妊娠すると首イボがたくさんできる」という話に繋がるのでしょう。

ウイルス性のイボとは?

ウイルス性のイボは、女性ホルモンのバランスの変化によってできるイボとは異なるもの。

皮膚の中に、ヒトパピローマウイルスというウイルスが入り込んで、皮膚の表面にイボとなって現れます。

首にできることは少ないですが、傷ができやすい手や足、皮膚が弱い顔などによく見られるイボです。

ウイルス性のイボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

妊娠中に首イボができた場合の対処方法は?

妊娠中に首イボがたくさんできてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

首イボを改善するための方法としては、次のような方法が挙げられます。

  • 皮膚科で治療を受ける
  • 市販の外用薬・内服薬を使う
  • 漢方薬の「ヨクイニン」を服用する
  • 首イボケアのスキンケアアイテムを使う

妊娠中には病院の治療や市販薬は危険

このような方法が考えられますが、妊娠中という時期を考えれば、病院の治療はストレスの原因にもなるので、なるべくなら避けたいもの。

内服薬も赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がありますし、イボ取りの外用薬は、ほとんどの場合「首などの皮膚の弱いところ」には使えないようになっています。

市販の外用薬には、足の裏や手など、皮膚の丈夫なところにできたイボを治すための強い成分が含まれるので、首などの皮膚の柔らかい部分には危険です。

漢方薬なら妊娠中でも安全?

また、漢方薬は安全な気がしますが、ヨクイニン湯の説明書きには「妊娠中・授乳中の女性は医師に相談してから」と書かれています。

また、ヨクイニンには体を冷やす働きがあるので、妊娠しているときに服用すると、胎児に影響がないとも言い切れません。

消去法で考えていくと、妊娠をしたときの首イボ改善方法として適しているのは、「首イボケア用のアイテムを使う」という方法しかないでしょう。

首イボケアのためのアイテムについて

首イボをケアするためのアイテムとは、ハトムギエキスや杏子エキス、美容成分などが配合さ

れているクリームやジェルのことです。

先ほどご紹介した漢方薬の「ヨクイニン」という生薬も、ハトムギの種子から作られるもの。

ハトムギに含まれている「コイクノライド」という成分には、お肌の代謝を促進して、角質を剥がれやすくする働きがあり、首イボの改善に打ってつけです。

杏子エキスもお肌の代謝を良くする上、高い保湿作用でお肌を潤わせて、外的刺激に負けない強いお肌を作り出してくれます。

ハトムギエキスについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

妊娠中でも安心して使えるケアアイテム

首イボケアのためのアイテムは、首につけることを前提としているため、お肌に優しい成分で作られているという特徴があります。

そのため、お肌が弱い方はもちろん、女性ホルモンのバランスが崩れやすいときでも使えるのが嬉しいところ。

このようなクリームやジェルなら妊娠していても使えますし、首イボができる原因そのものに働きかけるので、高い効果を期待できるでしょう。

商品を選ぶときに注意したいこと

首イボをケアするアイテムの中には、ピーリングなどで直接的に角質を剥がして、イボを取り除くという効果を持つものもあります。

ですが、妊娠しているときはお肌が非常にデリケートなので、ピーリングをするタイプは避けた方が無難。

ピーリングをするアイテムの中には、薬品やスクラブで矯正的に角質を剥がすタイプもあるからです。

おすすめの商品は天然由来成分を使ったもの

妊娠中でも安心して使えるおすすめアイテムは、上でご紹介した通り、ハトムギエキスや杏子エキスなどの天然由来成分を使ったもの。

植物から抽出した安全な成分でありながら、首イボに直接的に働きかけて、自然に角質が剥がれやすい状態まで導いてくれます。

さらに、ハトムギや杏子には、お肌の調子を整えるための働きもあるので、これからできるイボを予防することも可能。

これらの成分は、今できているイボの改善とこれからできるイボの予防が同時に行え、イボができにくい肌質に変えてくれる成分です。

妊娠中でも安心!安全性の高い首イボケアアイテムは?

ハトムギエキスと杏子エキスが入っていて、妊娠中でも安全に使えるおすすめのアイテムは、「艶つや習慣」というオールインワンジェルです。

艶つや習慣には、ハトムギエキスや杏子エキスの他に、プラセンタやアロエベラ、ヒアルロン酸などの美容成分が豊富に配合されています。

さらに、その高い保湿力は口コミでの評判も高く、年齢が出やすい首元のケアにも一役買ってくれるでしょう。

艶つや習慣を塗るだけで、角質ケア、保湿、保水、お肌の代謝アップ、美肌などの効果が全て得られると言われるのですから、まさに「オールインワンジェル」の名にふさわしいジェルです。

妊娠中の首イボはクリームでのケアがオススメ

妊娠中の女性の体は不安定で、今までになかった悩みが次々と出てくることでしょう。

その中のひとつである首イボは、放っておけばどんどん増えてしまう可能性もあるので、妊娠をしていても早めに対処しておきたいもの。

お肌に優しい艶つや習慣なら、妊娠中の女性のお肌にも安心ですし、簡単に首イボのケアができます。

治療方法が限られている時期だからこそ、同時に首イボの予防もできるケアアイテムがおすすめ。

毎日しっかりとケアを続けて、ざらつきのない美しい首元を手に入れてみませんか?