尿素といえば、ハンドクリームに配合されていて、滑らかなお肌を保つための成分として有名です。

そんな尿素で首イボを改善することができる、という噂があるようですが、本当に首イボへの効果は期待できるのでしょうか?

このページでは、尿素の効果を検証して、首イボへの効果についてご紹介していきます。

尿素とはどのような成分なのか?

最初に、尿素という成分について見ていきましょう。

ハンドクリームに配合されている尿素ですが、元々人間の体の中に含まれている成分。

尿素は細胞間脂質の中の天然保湿因子として、水分を引きつけ、お肌の潤いを守っている存在です。

細胞間脂質の天然保湿因子とは?

お肌の表皮の下には、「角質層」という部分がありますが、その角質層の細胞と細胞の隙間を埋めている脂質を「細胞間脂質」と呼びます。

細胞間脂質はお肌のバリア機能となって働くので、細胞間脂質があるおかげで、お肌は外部の刺激に負けず、お肌の中に水分を溜めこむこともできるのです。

細胞間脂質は何種類かの保湿成分で構成されていて、その保湿成分を「天然保湿因子」と呼びます。

つまり、細胞の隙間を埋めている保湿成分の中に、尿素も含まれているということになるのです。

尿素のお肌への効果は?

細胞間脂質として細胞の隙間を埋めている尿素ですが、具体的にはどの様な働きをするのでしょうか。

その代表的な働きを挙げてみましょう。

  • お肌のバリア機能を強化する
  • 角質層の水分を維持する
  • 体内の水分を角質層に取り込む

このように、尿素はお肌の中に水分を取り込みながら、その水分を維持して、刺激に負けない強いお肌を作り上げてくれる成分です。

尿素は首イボに効果あり?その理由は?

尿素の基本的な効果は、お肌の中の水分を維持して、お肌のバリア機能を強化してくれることです。

尿素が首イボに効果的だとされるのは、この効果のせいなのでしょうか?

確かに、お肌の水分を維持すること、お肌のバリア機能を高めることは、首イボの改善に効果的です。

ですが、「尿素が首イボに良い」と言われるのには、別の理由があります。

尿素には角質を溶かす作用がある

尿素が首イボ改善に効果的だとされる理由は、「角質を溶かす作用がある」から。

これを「たんぱく質変性作用」というのですが、たんぱく質の分子の隙間に尿素が入り込むと、その分子の構造を壊してしまうのです。

お肌の表面や角質、首イボを構成しているのはたんぱく質であり、その表面を少しずつ溶かしていくことによって、首イボが小さくなっていくのでしょう。

首イボの正体と作られる原因について

首イボを構成しているのはたんぱく質だとお話ししましたが、詳しく説明すると、「古くなった角質がお肌の上で固まったもの」が首イボの正体です。

加齢によってお肌が衰えてくると、ターンオーバー周期は長くなり、古くなった角質はお肌の上から剥がれにくくなります。

お肌の上に残った古い角質が固まると、首イボになって現れるので、首イボを改善させるためには、角質を除去することが必要。

尿素は角質を溶かす作用を持っているため、首イボの改善に効果的だと言われるのも頷けます。

首イボの原因について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ウイルス性のイボにも尿素が効果的!?

イボができる原因は老化だけではなく、ウイルスの感染が原因となる場合もあります。

皮膚にできた小さな傷口からウイルスが入り込み、皮膚にイボを作るのです。

実は尿素は、ウイルス性のイボに高い効果を持つと実証されており、2002年の日本臨床皮膚科医学会で報告されたほどです。

ウイルス性のイボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

日本臨床皮膚科医学会での報告内容

この学会での報告によると、尿素治療の臨床試験で、92%の方のウイルス性イボに効果があった、と報告されています。

ただし、このときに使用された尿素配合の軟膏は「10%尿素軟膏のウレパール」というもの。

その他の尿素配合軟膏での効果は実証されておらず、尿素がどのようにウイルス性のイボを治していくのかもわかっていません。

学会での報告はされていますが、本格的に治療に用いることができるほどの効果の確証はないので、ウイルス性のイボが治る可能性がある、といったところでしょう。

尿素を首イボに使った人からの口コミ

尿素は角質を溶かす作用によって老化によるイボを改善し、ウイルス性のイボにも効果がある可能性があるとご紹介してきました。

それでは、実際に首イボに用いた人からは、どのような口コミが届いているのでしょうか。

首イボへの効果はどのようなものなのか、口コミから見てみたいと思います。

首イボ除去に成功した方からの口コミ

薬局で購入した20%濃度のクリームを塗っていました。1センチくらいの大きさのイボで、かなりの存在感があったのですが、塗り始めてからどんどん小さくなっていって、今ではもうすっかり治ってしまいました!首イボが分解されていっているようなイメージでしたね。金額もかかりませんし、手軽ですし、おすすめの方法です!
乾燥肌で皮膚がザラザラするところが多いのですが、尿素が入ったクリームを塗ると、確実にお肌が滑らかになりますよ!普通のクリームで安価ですし、かかとやひざ、ひじなど全身に塗ることができるのもありがたいです。皮膚のざらつきが気になる方には良いと思います。

首イボに効果が感じられなかった方からの口コミ

人間の体の中にもある成分ですし、てっきり、お肌に優しいのかな?と思っていました。ですが、塗った後には必ず皮膚がかゆくなってしまって…。使った後はお肌がしっとりと潤いますし、良い印象だっただけに残念ですが、もうそれから使用していません。
しっとりとした使用感が気に入ってずっと使っていたのですが、塗った後、突然肌にかゆみが出るようになってしまいました。残念ですが、新しい商品を探しているところです。

肌のざらつきに効果がある方もいる一方で…

良い口コミと悪い口コミについてご紹介しましたが、良い口コミを見ると、1センチほどのイボがなくなったという衝撃の効果が明らかになりました。

また、お肌のざらつきがなくなったという方も多く、角質を溶かす作用が発揮されていることがわかります。

ですが、その一方で、かゆみを感じたという方もちらほら見られます。

実は尿素は肌に刺激が強い成分で、お肌が弱い方はかゆみや赤みの原因になってしまうことも。

この刺激は、尿素の持つ「浸透圧の高さ」によるものだと考えられていますが、首などの皮膚が弱い部分に使用する際には少々リスクが高い気がします。

尿素を首イボに使うときの注意点

口コミを見てもわかるように、尿素はお肌に対して刺激が強く当たる場合もあります。

そのため、皮膚が弱い方は使用を避けて、皮膚が比較的丈夫な方でも、首に使う場合は少しずつ試しながら使ってください。

また、傷口には使用することができないので、首イボが傷になっている場合は使えません。

尿素は角質を溶かす作用によって、首イボに高い効果を発揮しますが、その反面肌に対する刺激も強めなので注意してください。

お肌に優しくて首イボに効果的なクリームがあります

尿素はお肌の弱い人は使えませんし、首などの皮膚が弱い部分に使うことも躊躇われる場合があるでしょう。

そこで、もっとお肌に優しくて、皮膚の弱い首元でも安心して使えるクリームを紹介します。

それは、首イボケア専用のクリームやジェルです。

首イボ専用のクリームとは?

首イボ専用のクリームは、杏子エキスやハトムギエキスなど、お肌のターンオーバーを改善させる働きを持つ成分を使ったクリームのこと。

商品としてはたくさんの種類がありますが、首元専用のクリームなので、お肌に刺激の少ない仕様になっているのが特徴です。

多くの場合、植物由来成分と美容成分を配合して、お肌のターンオーバーを促進させながら、首イボができにくい健康的なお肌へと導いてくれます。

首イボができにくいお肌を作り上げてくれる

首イボ専用のクリームは、首イボができにくい肌質を作り上げてくれるというメリットもあります。

尿素のクリームを塗って首イボが改善されたとしても、またイボが再発してしまえば意味がありません。

その点、首イボケア用のクリームは、毎日塗り続けることでお肌のターンオーバーを正常化し、角質が溜まりにくい肌を実現してくれます。

首イボができる原因自体を解消してくれるので、これからできる首イボの予防法としても利用できるでしょう。

首イボにはお肌に優しい専用クリームがおすすめ!

尿素はたんぱく質変性によって角質を溶かすので、首イボを溶かして、美しく見せてくれます。

 

ですが、お肌を溶かしていることになるので、お肌には強い刺激になりますし、そもそも肌が弱い方は使えない場合も。

 

同じクリームを塗るのでしたら、お肌に優しい首イボ専用のクリームの方が安全です。

 

専用のクリームは無理に首イボを除去する訳ではなく、首イボの原因に働きかけて、肌質を根本的に改善してくれる頼もしい存在。

 

首イボのセルフケアを始めたいと考えている方には、首イボ専用のクリームをおすすめします。