首元やデコルテにできる小さな首イボは、首に触れたり、鏡を見たりするたびに気になってしまいますよね。

 

病院で取ってもらうことはできるのですが、病院の治療は痛そう、病院に行く時間がない、見せるのが恥ずかしい…などの理由で治療に行きづらい方も多いと思います。

 

ドラッグストアや薬局には、イボ用の市販薬が販売されていますが、これらの首イボへの効果はどうようなものなのでしょうか?

 

そこでこのページでは、薬局やドラッグストアで手軽に購入できる市販薬の首イボへの効果を、それぞれの商品で試して検証していきます。

気になる首イボの原因!イボとは一体?

ぽつっと出来てしまう首イボですが、そもそもイボとは一体何なのでしょうか。

首にできるイボは大きく分けて2種類あり、出来ているイボの種類によって、治療法なども異なってきます。

お肌の老化によるイボ


年齢を重ねることによって出来てくるのが、お肌の老化が原因の首イボです。

老化による首イボは、放っておいても健康上の問題はありませんが、放置することで更に増加したり、サイズが大きくなったりすることがあります。

<原因>

根本的な原因はいくつか挙げられますが、主に、次のようなことが原因です。

  • お肌のターンオーバーの衰え
  • 余分な角質の蓄積
  • 紫外線や摩擦などの外的刺激

お肌が衰えてくるとターンオーバー周期が遅れてきて、そのせいで余分な角質がお肌の上に蓄積されます。

さらに、外的刺激も首イボができる原因となりますが、紫外線はお肌の老化にも関わるものなので、イボの大きな要因です。

<病院での治療法>

病院での治療法は、首イボの状態によって変わってきますが、次のような方法が一般的です。

  • 医療用ハサミでの除去
  • 液体窒素による凍結治療
  • 医療用レーザーで除去
  • 内服薬や外用薬の処方
  • 外科的手術

かなり大きなイボに成長すると、手術でしか切除できなくなってしまうので、早めに対処することをおすすめします。

老化によるイボについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ウイルスの感染によるイボ


イボの中には、ウイルスに感染してできる種類のものもあります。

こちらも放置しても健康上の問題はありませんが、ウイルスの感染によってイボが増殖したり、他人に感染させてしまう可能性もあります。

<原因>

ウイルス性のイボは、ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因です。

ヒトパピローマウイルスは、肌表面の目に見えないほど小さな傷口から、人伝いに感染することが多いウイルスです。

手や足は傷が出来やすい場所なので、ウイルス性イボが発生しやすい場所です。

<病院での治療法>

  • 液体窒素による凍結治療
  • 医療用レーザーで除去
  • 内服薬や外用薬の処方

ウイルス性のイボでは、ハサミでの切除や、手術などによる治療は、あまり一般的ではない様です。

ですが、その点を除けば、治療法は肌に老化によるイボと変わりません。

ウイルス性のイボについてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

イボ除去の市販薬とは?

薬局やドラッグストアで販売されている、イボ専用の市販薬。

これらの商品は、効果や副作用の程度によっていくつかに分類されています。

特に首は皮膚が薄く柔らかい場所なので、首イボに適した市販薬を使わないと、除去した後にシミが出来てしまったり、皮膚が薬品に負けてしまったりするリスクがあります。

首イボに適切な市販薬を選べるように、ここからは市販薬の分類とリスクについてご紹介していきますね。

市販薬はこのように分類されている

イボ除去用の薬は、薬局やドラッグストアで購入できるものと、病院で処方されるものの、2つに分類されます。

そして市販されているものは、さらに何種類かに分類することができます。

病院で処方される治療薬

まずは病院で処方されるイボ用の治療薬ですが、これは『医療用医薬品』という名前で呼ばれています。

 

医療用医薬品の特徴を挙げてみましょう。

  • 高い効能が保証されている
  • 副作用の危険性がある
  • 医師の処方がなければ購入できない
  • 薬剤師が調剤をする
  • 用法用量の説明をする必要がある
  • 薬局やドラッグストアでは買えない

もっとも一般的に使用される薬は、サリチル酸という塗り薬で、硬くなった角質を剥がす効果があります。

また、抗菌作用ももっているため、ウイルス性のイボにも効果を発揮してくれる薬です。

薬局やドラッグストアで買える治療薬

薬局やドラッグストアなどで購入できる市販薬は、OTC医薬品(Over The Counter)と呼ばれています。

このような市販薬の特徴は次のようになります。

  • 医療用医薬品よりも効果が低い
  • 薬剤師や登録販売者によって販売される
  • さらに4種類に分類される
  • ドラッグストアや薬局で購入できる

薬局やドラッグストアの市販薬はさらに分類されますが、その分類によって特徴や効果も異なってきます。

要指導医薬品

薬剤師による情報提供や指導が必須の市販薬で、指定の販売数内でのみ、薬剤師による対面での販売が可能です。

製造販売の認可を受けてから一定の期間が経過していない市販薬で、「劇薬」とされているため、ドラッグストアの登録販売者は販売することができません。

薬局でも店頭に陳列されておらず、厳重に管理されているため、購入者が手に取ることはできません。

第1類医薬品

薬剤師による指導の義務がある市販薬で、薬剤師がいる薬局でなければ購入することができません。

市販薬の中では副作用のリスクが高く、ドラッグストアの登録販売者は販売できません。

こちらも、購入者が手に取ることはできない市販薬です。

第2類医薬品

薬剤師と登録販売者による販売が許されていて、指導や情報提供の義務はありませんが、可能な限り指導が必要です。

よく利用する風邪薬や解熱剤、鎮痛剤などはここに分類されています。

第2類医薬品の中には「指定第2類医薬品」というものもあり、これは薬局やドラッグストアで購入者が直接手に取ることができず、第2類医薬品の中でもリスクが高いと言われている市販薬です。

第3類医薬品

薬局やドラッグストアで、薬剤師と登録販売者によって販売されますが、副作用のリスクは低く、指導や情報提供の義務はありません。

ビタミン剤や整腸剤など、病気の治療を目的としていない市販薬がここに分類されます。

こちらも、許可を得ていれば、薬局やドラッグストア以外でも、スーパーやコンビニなどでの販売が可能です。

その他の市販商品

薬局やドラッグストアには、医薬品ではない商品も販売されています。

これらの商品は副作用のリスクはほとんどなく、安全性が高いと言われているものです。

医薬部外品

医薬品よりも効果が穏やかだと言われていて、副作用にリスクも低い。

化粧品

医薬部外品よりも効果が穏やかで副作用のリスクはほとんどない。

 

この2つは薬局やドラッグストア、調剤薬局でしか買えない医薬品に比べて安全性が高い分、高い効果も発揮しません。

すぐに効果を発揮してくれるタイプの物ではありませんが、長期的に使いたいというのであれば、医薬部外品や化粧品が良いでしょう。

市販薬の特徴を比較してみる

市販薬はその分類によって細かく特徴が分かれているので、分かりやすく比較してみましょう。

販売店舗 登録販売者 薬剤師 通信販売 指導義務
医療用医薬品 病院
調剤薬局
×
対面販売のみ
× 必須
要指導医薬品 薬局
調剤薬局
×
対面販売のみ
× 必須
第1類医薬品 薬局
ドラッグストア
× あり
第2類医薬品 薬局
ドラッグストア
スーパーマーケット
コンビニ
必要に応じ
第3類医薬品 薬局
ドラッグストア
スーパーマーケット
コンビニ
なし

上にある医薬品ほど効果は高いですが、副作用のリスクも大きく、入手方法も制限されています。

因みに、2013年までは第1類医薬品と第2類医薬品も、薬局やドラッグストアでの販売のみで、インターネットの通信販売では購入できませんでした。

つまり、第3類医薬品以外は、それだけ強力な効果と副作用のリスクがあるということ。

薬局やドラッグストア以外で市販薬を購入する時には、リスクや効果について十分知った上で利用してください。

市販薬の首イボへの効果について

首イボが出来ている首やデコルテは、皮膚が薄くて柔らかい上に、洋服を着ても目立つ部分です。

そのため、薬局やドラッグストアで市販薬を使用する際には、十分注意しなければいけません。

市販のイボ治療薬の注意書きを見ると、「顔や首への使用禁止」と書かれている場合もあります。

これは、皮膚が比較的厚いところには使用できるものの、首や顔などの皮膚が薄い部分には危険ということです。

そこで、薬局やドラッグストアで購入できるものの中から、首イボにはどんな種類の市販薬が使えるのか、その効果や商品価格も併せてご紹介していきます。

市販の塗り薬タイプ

薬局やドラッグストアで販売されている、首イボ用の市販薬としては、塗り薬タイプが最も多く見られます。

気になる部分に塗るだけで効果が期待できるので、手軽に使うことができて、体への影響がないというメリットがあります。

イボコロリ

薬局やドラッグストアで購入できるイボ市販薬といえば、この薬が一番に思いつく方も多いと思います。

  • 液体タイプと絆創膏タイプの2種類
  • 第2類医薬品
  • サリチル酸10%配合

第2類医薬品のため高い効果をもった治療薬で、角質を剥がす効果のある「サリチル酸」が有効成分となっています。

首や老人性イボには使用できない

薬局やドラッグストアで手軽に購入できるイボコロリですが、残念ながら足や腕などにできたイボ専用の市販薬です。

注意書きを見ると、首や顔、粘膜への使用はできず、老人性イボや水イボへの使用も禁止されています。

イボコロリの使い方

  1. イボがある部分を温める
  2. キャップについている棒に薬をつけて患部に塗る
  3. 薬液が乾くまで待つ
  4. 3~4日間毎日塗布する
  5. イボが白くなってきたらピンセットで取る
  6. イボが完全になくなるまで繰り返す

イボが柔らかくなってきたところをピンセットで取りますが、無理やり皮膚を剥がさないように注意してください。

痛みを感じない程度に剥がすことが大切です。

参考価格 液体タイプ 6ml:929円(Amazon)
絆創膏タイプ S12枚:918円(Amazon)
医薬品分類 第2類医薬品 有効成分 サリチル酸
老人性イボ 使用不可 ウイルス性イボ 水イボ以外使用可
禁忌 首、顔、粘膜、炎症への塗布。体に多発したイボへの塗布。

イボコロリの口コミ

足の裏にできたイボに、薬局で買った液体タイプを使用しました。塗っていると少しずつイボが小さくなっていって、綺麗に治すことができました!
子どもの足の裏に使ってみました。一週間ほど貼るタイプを使ったところ、芯は取れたのですがイボの一部分が残ってしまいました。病院で診察をしてもらったところ、ウイルスが残っていると言われ、液体窒素で綺麗にしてもらいました。

紫雲膏

紫雲膏は漢方を利用した軟膏で、江戸時代の名医である華岡青洲が処方したという、歴史のある市販薬です。

  • 軟膏タイプ
  • 第2類医薬品
  • シコン配合

そもそもが、イボ専用の市販薬ではなく、やけどやきず、痔、しもやけ、あかぎれなどの炎症を抑えて、皮膚を滑らかにする効果があります。

ドラッグストアや薬局で手軽に購入できる軟膏です。

首イボへの効果は?

漢方を使用したお肌に優しい処方のため、イボコロリほどの強い効果は期待できないでしょう。

ですが、その分副作用のリスクなどもなく、首イボに塗ることもできますし、長期間使用しても安心です。

イボ用の市販薬ではありませんが、新しい皮膚が形成されるのを促進してくれるため、角質が固まった老人性イボにも効果が期待できそうですね。

さらに抗菌作用や解毒作用があるため、ウイルス性のイボにも効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

紫雲膏の使い方

紫雲膏は軟膏タイプの市販薬ですが、基本的な使い方を2種類ご紹介します。

直接首イボに塗る

  1. 首イボの部分を洗って清潔にする
  2. 患部に直接軟膏を塗る
  3. これを1日に数回行う

ガーゼなどで湿布する

  1. 患部を洗って清潔にする
  2. ガーゼや絆創膏に紫雲膏を塗布する
  3. 患部に紫雲膏を塗布したガーゼや絆創膏を貼る

これを毎日繰り返すのが基本で、直接塗っても良いですし、絆創膏などに塗っても良いですし、その両方を組み合わせても大丈夫です。

ただし、シコンが入っているため軟膏は赤紫色をしていて、洋服に色がつくことがあるので、何かで保護をしておいた方が良いでしょう。

薬局やドラッグストアでも、洋服に色がつくと指導されるほどです。

参考価格 14g:918円(Amazon)
医薬品分類 第2類医薬品 有効成分 シコン、トウキ
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用可
禁忌 化膿部、傷口、ただれ、湿潤がある患部への塗布。広範囲への塗布。

紫雲膏の口コミ

やけどをしたときに薬局で購入しました。軟膏の色は箱の色と同じで少し抵抗がありましたが、1日に何回か塗ってガーゼで押さえているうちに、やけどの痛みが治まりました!皮もめくれずに即効性があって、肌トラブルを起こすこともなく使えました。
一度塗ったことがあるのですが、塗ったところに赤い湿疹が出来てしまいました…。皮膚科で診てもらったところかぶれだと言われ、もうそれから使用していません。漢方の処方だから安全だと思っていたのですが、肌が弱いと合わない場合もあるんですね。

つぶぽろん

つぶぽろんはイボ専用のジェルで、ヨクイニンなどの和漢エキスが18種類配合されていますが、市販薬ではなく化粧品という分類になっています。

  • ジェルタイプとクリームタイプ、目元用の3種類
  • 化粧品
  • ヨクイニン、杏仁エキス配合

ヨクイニンの角質除去効果でターンオーバーを促進させて、シリコンブラシで首イボを取り除くという商品です。

首イボへの効果は?

ヨクイニンは、病院の首イボ取りでも処方されることがある漢方薬で、古くからイボへの効果が知られています。

そのため、ヨクイニンによる角質除去効果は期待できるでしょう。

また、杏仁エキスやベニバナエキス、アマチャヅル葉エキス、オウゴン根エキスなど、様々な天然由来成分が配合されているので、首イボのケアをしながらスキンケアもできます。

また、シリコンでできたブラシでイボを優しく刺激するので、ただ塗るだけのタイプよりも効果を実感できる可能性は高いです。

つぶぽろんの使い方

  1. ボトルのダイヤルを2~3回回転させて液を出す
  2. 首イボに液が出た部分をあてる
  3. 円を描くようにそっと擦る
  4. 使用後はブラシをティッシュペーパーで拭き取る

つぶぽろんのボトルは細いペン状になっていて、その先から出た液を、直接首イボにつけるという使い方です。

朝と夜の1日2回の塗布がおすすめです。

参考価格 ジェルタイプ 1.8ml:1,890円(リベルタ公式通販)
クリームタイプ 20g:1,890円(リベルタ公式通販)
目元用 1.8ml:1,890円(リベルタ公式通販)
医薬品分類 化粧品 有効成分 ヨクイニン
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用不可
禁忌 特になし

つぶぽろんの口コミ

1本全部使い切りましたが、首イボの状態は全く変わらず…。残念な結果に終わりました。早くイボを取りたいという人は、薬局やドラッグストアで買えるものを使うより、病院に行った方が良いのだろうと思います。
2か月ほど毎日使っていたら、だんだんイボが小さくなってきました。確かに即効性はありませんが、信じて使い続けると効果が出てくると思います。イボが完全に綺麗になるまで、根気強く使い続けたいと思います!

カソーダ

アメリカ産の市販薬で、日本の薬局やドラッグストアでは見かけることは少ないと思います。

第2類医薬品にも指定されているもので、かなり強力な効果が期待できるのがカソーダです。

  • クリームタイプのピーリング剤
  • 第2類医薬品
  • ひまし油配合

イボ専用の市販薬ではなく、イボやタコ、ほくろ、あざ、ニキビ跡に対して効果があると言われています。

ただし、効果が強いので、使用法によっては痕が残ってしまう場合があります。

顔などの目立つ部分には、使用を控えた方が良いでしょう。

首イボへの効果は?

カソーダの主成分は、ひまし油と重曹です。

ひまし油はトウダイグサ科の植物から採れる油で、重曹と混ぜてイボに塗ると、イボがだんだん小さくなると言われています。

重曹は掃除にも使われるように研磨作用がありますが、重曹の粒子はとても柔らかいため、お肌を傷つけてしまうリスクは低いでしょう。

この研磨作用によって、イボをだんだん小さくするというのがカソーダの効果です。

さらに、ひまし油にはお肌や髪に嬉しい効果をもたらすと言われているので、万が一重曹で傷ついてしまっても、しっかりとお肌をカバーしてくれそうです。

カソーダの使い方

  1. 首イボが気になる部分に塗布する
  2. 塗布したところを絆創膏で保護する

使い方としては、1日2回塗って絆創膏で保護するだけなので、とても手軽に使えます。

カソーダの注意点

カソーダは効果が強力なだけあり、注意点も記されています。

  • イボ以外の部分につかないようにすること
  • クリームは乗せるだけで周りに広げないこと
  • つけた部分が赤くなる、皮が剥けるなどの場合は使用を中止すること

この注意点を見れば、カソーダが強力な効果を持っている市販薬だということがわかりますね。

初めて使う時には、目立たないところで試してみるなど、パッチテストを行ってから使用してください。

参考価格 30g:1,211円(Amazon)
医薬品分類 第2類医薬品 有効成分 ひまし油、重曹
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用不可
禁忌 顔への使用。敏感肌の方やお子様の使用。

カソーダの口コミ

5mmくらいのほくろに使用しました。3日くらいほくろの上にカソーダを乗せて、絆創膏をつけていたところ、手で擦ったときにほくろの一部が欠けたんです!その日から少しずつほくろが欠けていって、1週間くらいでなくなってしまいました。
腕にあるイボが気になっていたので購入しましたが、つけると痛いくらいの刺激があります。3日間くらい頑張ってつけていたら、イボが水を含んでいるような感じに変化してきました。もうちょっと頑張れば取れるかな?とも思いますが、痛みがずっと続いていたのでもう使っていません。

バイオイル

バイオイルはスキンケア用のオイルで、薬局やドラッグストアで販売されている様な、首イボ専用の市販薬ではありません。

ですが、2017年4月時点で、世界124ヵ国で販売されている大人気のオイルです。

  • オイルタイプのスキンケア商品
  • 化粧品
  • 首イボに特化した成分は配合なし

成分としてはイボに高い効果があるものは配合されていませんが、カミツレオイル、トウカンカ花エキス、ローズマリー葉オイル、ダイズオイルなどの成分が含まれています。

傷跡や妊娠線、ニキビ跡を改善する効果があるとされている化粧品です。

首イボへの効果は?

特にイボに特化した成分が含まれている訳ではないため、即効性は期待できないでしょう。

成分から判断すると、お肌を保湿する作用は高いでしょうから、保湿によってターンオーバーを正常化して、角質を剥がしやすい状態に導くという効果がありそうです。

また、保湿されたお肌はバリア機能が高まって健康になるので、新しい首イボができないように予防する効果も期待できます。

バイオイルの使い方

市販薬ではなく化粧品なので、スキンケアの一環として気になる部分に塗りこんでください。

また、バイオイルを塗ってマッサージをすることで、お肌のターンオーバーが更に促進されると言われています。

マッサージで成分を浸透させながら、肌質が改善されるまで気長に使い続けることが大切です。

参考価格 25ml:756円(希望小売価格)
医薬品分類 化粧品 有効成分 特になし
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用不可
禁忌 傷や腫れもの、湿疹が出来ている部分に使用不可。

バイオイルの口コミ

体に塗ってみるとさらさらで、べたつかないので使用感は良いですね!他の種類のオイルよりも、保湿力はかなり高いと思います。傷跡の部分に塗っていますが、まだ特に効果は感じられないです。ただ、お肌のかさつきがなくなってお肌が柔らかくなりました。
ドラッグストアで見かけて、虫刺されの痕や傷跡を消したくて買いました。2本使い切りましたが、傷跡を消す効果は感じられませんでした…。お肌がガサガサしている部分は、しっかりと保湿されて綺麗になりました。あと、個人的にちょっと香りが好きになれませんでしたね。

ニベアクリーム

ドラッグストアや薬局では必ず販売されていて、最近ではスキンケア用途にも人気の高いニベアクリーム。

海外セレブが使っているという高級化粧品と成分が似ていると言われ、人気が高まりました。

  • クリームタイプ
  • 化粧品
  • 首イボに特化した成分は配合なし

成分としては、ワセリン、ミネラルオイル、ホホバオイル、スクワランなど、様々なオイル成分が配合されています。

成分を見ると、お肌を保湿する効果は高いのですが、特に首イボに効果的な成分は配合されていません。

首イボへの効果は?

こちらもバイオイルと同じで、もし首イボに効果があるとすれば、お肌を保湿することによってターンオーバーを正常化させるという効果でしょう。

特に角質を除去しやすくなるような成分も配合されていませんので、首イボに使う場合には、即効性は期待できない商品です。

肌質を改善させるつもりで、根気強く、長期間使用すれば、効果が実感できるかもしれません。

ニベアクリームの使い方

保湿クリームなので、お肌の気になる部分に塗るだけです。

入浴後などはお肌がすぐに乾燥してしまうので、お肌の上の水分が完全に蒸発する前に、ニベアクリームを塗ることで保湿効果を高められます。

参考価格 169g:810円(Amazon)
医薬品分類 化粧品 有効成分 特になし
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用不可
禁忌 傷や腫れもの、湿疹が出来ている部分に使用不可。

ニベアクリームの口コミ

顔の保湿に良いと聞いて、ドラッグストアでダメ元で買ってみました。ですが、塗った次の日はお肌がしっとりもちもちになっていて、もう手放せません!しかも、ずっと残っていたニキビ跡も、いつの間にか無くなっていたんです。コスパも良いですし、使い続けるつもりです。
肌につけるとべたべたしていて、私にはちょっと合わなかったですね。お肌に馴染む感じがなくて、塗ったところにニキビが出来てしまいました。ニベアクリームは手や足などの保湿に向いてるな、と改めて思いました。

ハトムギ化粧水

ナチュリエから発売されているハトムギ化粧水は、イボ取りの漢方薬としても利用されているハトムギエキスを使っています。

  • 化粧水タイプ
  • 化粧品
  • ハトムギエキス配合

さらに、香料や着色料も入っていないため、お肌が弱い方でも使いやすいと評判です。

ドラッグストアや薬局で手軽に購入出来て、大量に入っているのに価格が安いというのも、人気の理由のひとつですね。

首イボへの効果は?

ヨクイニンの原料であるハトムギが配合されているので、お肌のターンオーバーを促進させて、首イボ部分の角質を除去する効果は期待できます。

ただし、市販薬ではなくあくまでも化粧品に分類されているものなので、すぐに首イボが取れるという訳ではありません。

毎日のスキンケアに活用させながら、根気強く首イボが取れるのを待つ、という使い方になります。

ハトムギ化粧水の使い方

通常の化粧水同様、洗顔後や入浴後のお肌に浸透させてください。

ハトムギ化粧水は保湿力が低いので、お肌がひんやりとしてくるまで、4回~5回程度お肌の上に浸透させるのがおすすめです。

また、上でご紹介したニベアクリームと一緒に使っている方も多く、ハトムギ化粧水で保水した後、ニベアクリームを塗って保湿をすると、瑞々しいお肌になることが出来ると言われます。

このように、ハトムギ化粧水は他の化粧品と併せて使うことができるので、首イボ専用のクリームとの併用も効果的です。

参考価格 500ml:702円(ナチュリエ公式通販サイト)
医薬品分類 化粧品 有効成分 ハトムギエキス
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用不可
禁忌 傷や腫れもの、湿疹が出来ている部分に使用不可。

ハトムギ化粧水の口コミ

ハトムギ化粧水と、同じメーカーのハトムギ保湿ジェルも一緒に使っています。一緒に使うとしっかりと保湿してくれるので、翌朝のお肌はしっとりです。足にできたイボにも使っていましたが、保湿ジェルを塗っていたらだんだん小さくなってきて、今ではもう気にならないくらいの大きさです。
ドラッグストアで安く売られていたので買ってみました。低刺激でお肌に優しそうなイメージだったのですが、つけてみるとお肌にかゆみが出てしまって…軽い付け心地は好みだったので残念です。化粧水の残りは、入浴後の足や腕などの保湿のために使いました。

市販の飲み薬タイプ

薬局やドラッグストアでは外用薬の方が多く見られますが、飲むタイプの市販薬も少数ながら販売されています。

飲み薬タイプの首イボ用市販薬は、体の内側から働きかけて、首イボを除去へと導くタイプです。

塗り薬タイプには効果が強力なものもあるので、イボが取れた後で色素沈着が起きたり、お肌が荒れてしまうかもしれない…と思うと不安ですよね。

そういう方には、効き目が穏やかな飲み薬タイプの方がおすすめです。

ただし、妊娠中の方や、他の市販薬を飲んでいる方は、併用できないこともあるので注意してください。

イボコロリ内服錠

イボコロリといえばイボに直接塗るタイプが有名ですが、ドラッグストアや薬局には飲み薬タイプの市販薬も販売されています。

  • 錠剤タイプ
  • 第3類医薬品
  • ヨクイニンエキス1998.0mg配合

液体のイボコロリはサリチル酸が配合されていますが、内服錠ではヨクイニンエキスで穏やかに効果を発揮します。

こちらは顔や首などの、皮膚が薄くて柔らかい部分にも使えるので、首イボには錠剤タイプを利用しましょう。

首イボへの効果は?

1日あたりの内服量に換算すると、ヨクイニンエキスを1998mg(25.974g)も摂取できます。

ヨクイニンで首イボを改善するためには、1日30gの摂取が望ましいとされているので、この量は適切な量だと言えます。

ヨクイニンはハトムギから抽出するエキスで、イボ取りの漢方ですから、漢方薬を錠剤にしたようなイメージで、首イボにも高い効果が期待できそうです。

また、ヨクイニンにはターンオーバーを改善する働きがあるので、首イボの改善と同時に、肌荒れも改善してくれますよ。

イボコロリ内服錠の飲み方

飲み方としては、薬局やドラッグストアで販売されている市販薬と同様で、1日3回、食前か食間に服用します。

  • 15歳以上…1回6錠
  • 7~15歳…1回4錠
  • 5~7歳…1回3錠

1回あたりの服用量が6錠なので、錠剤をたくさん飲まなければならないという点が、少々飲みにくく感じるかもしれませんね。

参考価格 180錠:2,036円(森下仁丹オンラインショップ)
医薬品分類 第3類医薬品 有効成分 ヨクイニン
老人性イボ 使用可 ウイルス性イボ 使用可
禁忌 妊娠中の方や医師の治療を受けている方。5歳未満の方。

イボコロリ内服錠の口コミ

首元には普通のイボコロリは使えないので、薬局で内服錠の方を試しました。1か月ほど飲んでみましたが、即効性はないようです。1日3回、1回につき6錠も飲まなければいけないので、続けるのは結構つらいです。
小さなぽつぽつしたものが胸のところに出来ていたのですが、だんだん数が少なくなっているのが分かります!首イボができやすい体質から改善してくれると思うので、これからのイボ予防効果にも期待しています。

配合成分・ヨクイニンとは?

ヨクイニンとは、ハトムギの種子の中から抽出したエキスのことで、古くからイボ取りの漢方薬として利用されているものです。

漢方薬として市販されているのはもちろんですが、薬局やドラッグストアで市販薬としても販売されていますし、皮膚科でのイボ治療でも処方されるほど。

首イボ除去の方法としては、非常に一般的に利用されている成分です。

自然由来の成分なので体に優しい働きをすることと、内服薬でも外用薬でも効果が期待できるという点がメリットです。

ですが、自然由来の成分であっても、妊娠中の方や病院の治療を受けている方は、医師や薬剤師に相談してから服用してください。

首イボに効く民間療法について

首イボをセルフケアする方法は、薬局やドラッグストアの市販薬だけではありません。

イボは民間療法でも改善が期待でき、即効性はないものの、お肌に優しく副作用のリスクがないので安全性の高い方法です。

イボ改善に効果的な植物と使い方

  • ティーツリーオイル
  • アプリコットオイル
  • アロエ

これらの植物は首イボを改善する効果があると言われており、お肌の弱い方、薬品の刺激が不安な方におすすめです。

また、お肌のターンオーバーを促進させるようなスキンケアと併用すると、植物による民間療法も更に高い効果を発揮してくれるでしょう。

首イボ専用のクリームについて

首イボに効果的な民間療法を取り入れるには、首イボ専用のクリームと併用することがおすすめです。

また、ドラッグストアや薬局の市販薬はイボ以外のお肌にリスクがあったり、首イボには使えなかったりと、使い分けが難しいものです。

そのため、ドラッグストアや薬局の市販薬を使うよりも、効果が穏やかで体に優しい首イボ用のクリームを使った方が、お肌のためにもプラスになります。

首イボができる原因と再発予防法

首イボができてしまうのはお肌の老化が原因で、お肌のターンオーバーが乱れて、余分な角質が肌の上に残ってしまうためです。

ですから、例え薬局やドラッグストアの市販薬で首イボが除去できたとしても、お肌の状態が改善されなければ、また再発してしまう可能性があります。

再発の可能性は、ドラッグストアや薬局の市販薬で除去した場合に限らず、病院で除去した場合も同じようにあります。

首イボの再発を予防するためには、「イボができにくい肌質に改善すること」が最も大切です。

イボができる原因について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

首イボ用のクリームって?

そこで、イボができにくい肌質への改善をサポートしてくれるのが、首イボ専用のクリームやジェルです。

これらのクリームやジェルには、首イボを改善するための成分と一緒に、お肌を若々しく健康に保つための成分も配合されています。

お肌のターンオーバーを促進して、年齢を重ねると共に衰える肌バリアを復活させる効果があり、天然由来成分を使用しているので敏感肌の方でも安心です。

自分に合ったクリームを見つけて継続することが大切

首イボ専用のジェルやクリームは、いろんなメーカーから販売されています。

様々な種類のものがありますが、どの商品もドラッグストアや薬局で販売しているような市販薬ではないので、作用の仕方は穏やかです。

そのため、市販薬のように一定期間のみ集中的に使うのではなく、毎日のケア用品として使い続けることが大切です。

それぞれ配合成分などや使い方も異なるので、使いやすくて、ご自身に合ったものを探してみてくださいね。

首イボ専用のクリームについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

首イボ用の市販薬はリスクが伴う

ドラッグストアや薬局で販売している、首イボ用の市販薬について見てきましたが、角質を剥がしとるなど、刺激が強いものもありました。

最初にお話ししたように、薬局やドラッグストアで販売されている市販薬は医薬品なので、効果が強ければ強いほど、副作用のリスクも高まってくるのでしょう。

リスクのある市販薬で首イボを除去するよりも、イボができる根本的な原因を解決して、改善と予防の両方の効果を得る方が安全です。

首イボ専用のクリームは、その根本的な原因を解決してくれ、さらにお肌も美しくしてくれます。