皮膚炎を患ったことのある方なら、「ステロイド」という薬をご存知の方も多いと思います。

ステロイドは皮膚疾患に効果があるとされていますが、同じく皮膚にできるトラブルである首イボには効果を発揮してくれるのでしょうか?

このページでは、ステロイドの首イボへの効果、そして副作用の危険性などについてご紹介していきたいと思います。

そもそもステロイドってどんな薬?

ステロイドとは、元々は人間の体の中に存在している「副腎皮質ホルモン」のことです。

副腎皮質ホルモンは、その名の通り副腎というところで作られるホルモンで、糖質や脂質の代謝に関与して全身の活動を維持しています。

ステロイド治療薬は、この副腎皮質ホルモンの成分から作られた治療薬のことで、軟膏としての外用薬を初め、内服薬、点滴、注射、吸入薬など様々な形で利用されています。

ステロイドはどんな疾患に使われる?その効果とは?

ステロイドは様々な疾患の治療に利用されていますが、代表的なものはアトピー性皮膚炎でしょう。

ですが、アトピー性皮膚炎以外でも次のような疾患の治療に用いられます。

  • ぜんそく治療
  • 関節リウマチ治療
  • 肺炎治療
  • 手湿疹治療
  • 虫刺され治療
  • 薬疹治療

ステロイドには炎症を抑える作用があるため、炎症性の疾患ではよく利用されている治療薬です。

もちろん、皮膚の炎症にも効果的で、市販されている虫刺され治療薬などにも、効果の弱いステロイドが配合されていることがあります。

ステロイドは首イボ改善に効果がある?

炎症性の皮膚疾患に効果があるステロイドですが、首イボ改善には効果を発揮してくれるのでしょうか?

結果から言えば、首イボを改善することはできません。

 

イボは皮膚のトラブルであることに間違いありませんが、炎症性のトラブルではないためです。

ステロイドで改善できないということは、首イボができる原因を見ていけばご理解いただけるでしょう。

 

首イボができる原因は、主に2つに分けられます。

原因1:お肌の老化による皮膚の新陳代謝低下

年齢を重ねてお肌が老化してくると、皮膚の新陳代謝が低下してきます。

新陳代謝が低下した皮膚からは、古くなった角質が剥がれにくくなりますが、その角質が固まったものがイボです。

また、皮膚の乾燥や、摩擦や紫外線などの刺激によっても、首イボは作られやすくなると言われます。

つまり、首イボは炎症ではなく、お肌の老化による新陳代謝の低下が原因です。

老人性イボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

原因2:傷口からのウイルスの感染によるもの

イボの中には、ヒトパピローマウイルスという、ウイルスに感染することで作られるものもあります。

ヒトパピローマウイルスは、皮膚にできた小さな傷口から侵入し、イボを作り出します。

ウイルス感染によるイボも炎症性ではないため、改善するためにはウイルスの殺菌が必要になるため、ステロイドでは改善は見込めないでしょう。

ウイルス性イボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ステロイドの副作用でイボができる可能性も!?

炎症を鎮めてくれるステロイドは、老化による首イボにも、ウイルス性のイボにも効果が期待できません。

そして、効果が期待できないだけではなく、イボの原因になってしまうこともあると言われているのです。

ステロイドを使うことで「稗粒腫」が発生する!

ステロイドを長期的に使用していると、いくつかの皮膚トラブルが発生する可能性があります。

これらの皮膚トラブルは、副作用と言える症状ですが、「稗粒腫」という小さなポツポツとしたイボのようなものができることもあるのです。

稗粒腫は顔にできることが多く、長期的に顔にステロイド外用薬を使用していた場合に認められます。

起きる可能性がある皮膚への副作用について

副作用によって稗粒腫以外の皮膚トラブルが起きる可能性もあり、一例として次のような症状が挙げられます。

  • ニキビ
  • 色素異常
  • 皮膚炎
  • 乾燥肌
  • 潮紅
  • 接触性皮膚炎
  • 皮膚の萎縮
  • 傷の治りが悪くなる

これらの副作用は、免疫機能が低下することや、細胞の機能や能力が変化することによって起きると考えられており、深刻な症状に発展する場合もあります。

ウイルス性のイボに感染しやすくなる可能性も

また、ステロイド外用薬を使っていると、自己免疫力が抑えられる傾向になります。

そのため、感染症にかかりやすくなる、感染症が悪化するなどの副作用があり、ウイルス性のイボに感染しやすくなる可能性も。

 

ヒトパピローマウイルスは、健康な人に感染してもイボを形成することはありませんが、免疫力が低下しているとイボを作り出します。

ステロイドによって免疫力が低下したことで、ウイルス性のイボが作られやすくなることは十分あり得ることです。

ステロイド治療薬は医師の処方の下で使用することが大切

ステロイド治療薬にはいくつかの副作用があり、ここでご紹介したもの以外でも、緑内障や白内障などの症状が現れる可能性もあります。

副作用をたくさん並べましたが、正しく利用すれば、全身の炎症を抑えてくれる優れた治療薬です。

大切なことは、医師の処方に基づいて使用することと、処方された症状以外のことに使用しないこと。

ですから、病院で処方されたステロイドを、試しに首イボに塗ってみる、ということは危険でしょう。

首イボを改善するには専用のケアアイテムがおすすめ!

副作用の可能性もあるステロイドを使わなくとも、首イボには専用のケアアイテムが販売されています。

首イボ専用のケアアイテムは、クリームやジェルなどの形状になっていて、医薬品ではないため副作用の心配がありません。

そして、専用アイテムなので、もちろん首イボへの効果も期待できるでしょう。

ケアアイテムにはどんな効果があるの?

ほとんどの商品に、ハトムギエキスや杏子エキスなど、お肌の新陳代謝を促進させる成分が配合されているので、古くなった角質の塊であるイボの改善には最適です。

さらに、プラセンタなどの美容成分が配合されていることも多く、お肌の老化を予防することで、新たな首イボができることも予防してくれます。

また、高い保湿力を持つアイテムが多いので、お肌を乾燥から守り、しっとりと潤った美しい首元を目指せることも特徴です。

首イボの再発予防には肌質改善がポイント!

首イボができるということは、イボができやすい肌質になってしまっているということ。

そのため、病院などでイボを除去したとしても、肌質を改善していかなければ再発してしまいます。

専用のケアアイテムを使えば、配合成分によって肌質自体を改善することができるので、首イボが出来にくい肌質に改善していくことも可能です。

首イボをセルフケアするなら安全で効果的な方法を選ぼう

ステロイドによる首イボケアについて見てきましたが、イボに対して効果がない上に、皮膚に塗ることで新たなトラブルを引き起こす可能性がある、ということがわかりました。

病院の治療薬は、使い方を間違えれば危険な副作用が起きる可能性もあります。

その点、セルフケアで気軽に利用できるクリームやジェルなら、高い安全性と効果を両立することができるのです。

首は特に皮膚が弱い部分でもあるので、セルフケアをするなら安全な成分であることが大切。

ご自身に合ったクリームやジェルを探して、年齢を感じさせない美しい首元を手に入れてください。