お肌に優しくて優れた保湿効果を持つと言われている「ワセリン」

価格も比較的安いので、色々な用途に使用しているという方も多いと思います。

 

アトピー性皮膚炎の方の保湿にも使われることのあるワセリンですが、首イボのケアに使用することはできるのでしょうか?

このページでは、ワセリンの特徴や効果、首イボケアに使うことができるのか、という点についてご紹介していきたいと思います。

今大人気のワセリン!一体どんなものなの?

「保湿にいい」という特徴を知ってはいても、そもそもワセリンとはどういうものなのか?ということをご存知ない方もいると思います。

ワセリンとは、石油から作られた保湿剤のことで、多くのものは「第3類医薬品」として認定されています。

商品名というわけではなく、保湿剤の種類のことを指すので、大きく分けて4種類が存在します。

ワセリンは種類によって純度や用途が異なる

黄色ワセリン

精製するときの純度が低いため、不純物が混じっている可能性も。皮膚の保護と軟膏の原料として用いられることが多い。

白色ワセリン

黄色よりも純度の高いタイプです。保湿剤として高い安定性があり、価格も安いため、軟膏の原料として用いられます。

プロペト

精製時の純度を更に高めたタイプのもので、目や口周辺などの皮膚が敏感な部分にも使用できます。また、子どもに使う場合もこのタイプが用いられるでしょう。

サンホワイト

最も純度の高いタイプで、不純物はゼロと言っても良いくらいです。肌が極端に弱い方に使われることが多く、肌への安全性が高いですが、健康保険は使えないため価格は高めです。

これらの種類がありますが、最も一般的なのが「白色」で、ワセリンと言えばこの種類を指すことが多いようです。

ワセリンにはどんな効果があるの?使い道は?

ワセリンの効果は「保湿」に尽きます。

ですが、ハンドクリームや保湿クリームなどの保湿効果とは違い、角質層に浸透することはありません。

そのため、その効果は「皮膚の中の水分を逃がさない」ということが主となります。

 

スキンケアで使われているようなクリームは、それ自体がお肌に潤いを与えますが、ワセリンの場合は潤いを与える働きがありません。

化粧水や乳液、美容液などをつけた後に塗れば、先に使ったスキンケア商品の潤いを閉じ込めてくれます。

お肌のバリア機能の代わりとして使うこともできる

アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌の方、敏感肌の方は、お肌のバリア機能が低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっていることがあります。

ワセリンは、そのようにバリア機能が低下したお肌を保護するためにも利用可能です。

石油という油から作られているため、お肌の上に乗せると皮脂膜の代わりとなって、お肌を外的刺激から守ってくれます。

ワセリンはお肌に対して過剰に働きかけることがないため、お肌を保護しながら、その人の肌本来の力を回復させてくれるでしょう。

ワセリンの首イボへの効果は?イボを取る効果は期待できる?

ワセリンの効果を見てきましたが、ここからは本題である「首イボに効果があるのか?」という点について見ていきます。

その前に、まず首イボができる原因について、簡単にご説明しますね。

首イボには2種類ある!その特徴について

首イボには、お肌の老化によるものと、ウイルスの感染によるものの2種類が存在します。

お肌の老化によるイボ

加齢によってお肌のターンオーバーが衰え、肌の上に角質が溜まり、それが固まってイボとなったもの。摩擦や紫外線などの刺激も要因になる。

老人性のイボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ウイルスの感染によるイボ

ヒトパピローマウイルスが傷口から入り込み、お肌の上でイボとなって現れたもの。感染によって広がる危険性がある。

ウイルス性のイボについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

ワセリンで首イボを改善することは不可能?

老人性イボとウイルス性イボの原因を見てみると、ワセリンでは首イボを改善できないということがわかります。

老化による首イボを改善するためには、ターンオーバーの促進が必要です。

そして、ウイルス性のイボを改善するためには、ウイルスを駆除しなければいけません。

ワセリンの効果は、保湿と肌の保護だけなので、どちらの首イボも改善することはできないのです。

ただ、摩擦や乾燥などで傷ついてしまったお肌は、老人性のイボができやすくなるので、傷ついたお肌の保護をするという点では有効だと思います。

ワセリンを使うときの注意点!副作用があるって本当?

お肌の保護によって、首イボを予防することができる可能性もあるワセリン。

ですが、体質によっては副作用とも言える症状が現れることもあるので、注意しながら使わなければいけません。

肌質によっては接触性皮膚炎になることも

ワセリンはお肌に優しいと言われていますが、お肌につけると、接触性皮膚炎によって赤みやかゆみなどのかぶれが出ることもあります。

アトピー性皮膚炎の方が使っていることが多いですが、肌が敏感な方やアトピー性皮膚炎の方は自己判断で使用せずに、医師に相談してから使うようにしてください。

混ざっている不純物で色素沈着が起きる?

また、不純物が多い黄色のタイプを使っている場合は、紫外線に当たることで色素沈着が起きる可能性もあるため気を付けてください。

サンホワイトなど、極限まで不純物を取り除いたタイプのワセリンは安全性が高いですが、それでもかぶれが起きる可能性はゼロではありません。

首イボを改善するなら専用のクリームがおすすめ

ワセリンには肌の代謝を整える働きがないため、首イボの改善に使うことはできません。

もし、軟膏のように塗るタイプで治していきたいということなら、首イボ専用のクリームを塗った方が良いでしょう。

専用クリームなら首イボ改善効果&保湿効果が得られる!

首イボ専用のクリームは、肌の代謝を促進させる効果のある「ハトムギエキス」や「ヨクイニン」を配合しています。

さらに、「杏仁エキス」などによって高い保湿力を誇っていて、乾燥で傷ついたお肌のバリア機能を強化する働きも。

ワセリンとは違い、お肌を潤わせる効果も持ち合わせているので、保湿剤として使うにしてもクリームの方が高い効果を期待できます。

これらの首イボ専用のクリームやジェルでも、もちろん肌質に合わないという可能性も考えられます。

ですが、油ではないため、油焼けによる色素沈着の心配はありません。

 

ワセリンは使用目的に合った使い方を!

ワセリンで首イボの改善はできないという結果になりましたが、適材適所が大切だということですね。

ワセリンは肌が弱い方でも安心して使えることが多く、お肌を保護しながら肌機能を回復させていくためには優れた軟膏です。

ただし、首イボを改善していこうと思ったら、それ専用のクリームでイボの原因を解消しつつ、改善を目指していくのが良いでしょう。

肌のトラブルを治すためには、その症状に合ったものを塗るのが一番。

そのために、乾燥して傷ついたお肌にはワセリンを、首イボには専用クリームを塗るようにしてください。